【保存版】入稿前に知っておきたい!動画仕様のあれこれ

0
LINEで送る
Pocket

画像に解像度やファイル形式があるように、動画にもいくつか決められた仕様が存在しています。当然、動く画像である動画の方が、仕様で定めるべき項目も多く、その仕組みは複雑です。

実際、マーケティングやプロモーションの担当者、広告代理店の方など、各社の入稿規定を見て、嫌気が差すことも多いのではないでしょうか?

今回は、そういった方の苦手意識を払拭するため、動画の仕様で理解しておくべきいくつかの主要ポイントと、YouTubeやFacebookをはじめとした主要なプラットフォームでの最適な動画仕様についてご紹介したいと思います。

動画の仕様を定義する6つのポイント

それでは早速、動画仕様における主要な6つのポイントについて解説していきたいと思います。

1.解像度

静止画と同じように動画も解像度があります。画像の解像度というと、「サイズ」や「画素密度」を指しますが、動画の場合、解像度は「横×縦のピクセル数」を指します。

解像度で代表的なものとしては、
・フルHD(1920×1080)
・HD(1280×720)
・SD(720×480)
・4K UHD(3840×2160)
などがあります。

各動画サイズの比較

各動画サイズの比較

ちなみに身近なものの解像度はどのようになっているかというと、
・DVD(720×480)…SD
・Blu-ray(1920×1080)…フルHD
・地上デジタル放送(1440×1080)※縦横比が他と異なる理由は後述します
といった具合です。

なお、iPhone6sのカメラは4K、iPhone6のカメラはフルHDでの動画撮影に対応しており、 NetflixやAmazonビデオなど一部のストリーミングサービスは最大で4Kに対応しています。

また、最近ではこの他にもスマートフォンの普及や縦型サイネージの増加により、縦長の解像度の動画や、Instagramのような正方形の動画も登場してきています。

一部では、「解像度はフルHDでもう充分だ」という声もありますが、ディスプレイの大型化や4Kテレビの値下がり、スマホの画面描画力が上がってきたこと、総務省中心として2020年へ向けた各種取り組みが進んできていることなどから、高解像度化はこれからも進んでいくと考えられます。

2.ピクセルアスペクト比

ピクセルアスペクト比は、ピクセル比とも呼ばれ、動画データを構成する画素の幅と高さの比率を表しており、再生時の動画伸縮率を設定することができます。前述の解像度(動画自体のアスペクト比)と混同しやすいので気をつけましょう。

地上デジタル放送においては、旧来のSDフォーマットとの互換やデータ量の関係から、1440×1080(4:3)の解像度でピクセルアスペクト比が4:3のデータを配信し、テレビ側で引き伸ばしを行うことで、見た目を16:9にしていますが、WEB動画では基本的に正方形ピクセル(1:1)を使用すると考えておけば問題ありません。
ピクセルアスペクト比の違い

ピクセルアスペクト比の違い

3.ファイル形式(コンテナ)、コーデック

ファイル形式(コンテナ)とコーデックの概念や種類については、以前の記事を参考にしてください。

関連記事:【動画が再生できない!?】そんなときに必ず役立つ5つの知識

ファイルの拡張子だけでは、コーデックが特定できませんので、注意が必要です。制作会社などへ依頼を出す場合は、必ずコーデックも指定しましょう。

なお、現在、インターネットネット上の主要なプラットフォームでは、その圧縮率の高さからH.264フォーマットが主流になっています。

4.フレームレート

フレームレートとは、読んで字のごとく、1秒間に何コマの画像(フレーム)が収録されているかということを示す値のことで、フレームレートの値は◯fpsまたは◯f/sというように記載します。つまり、1秒間に30枚の画像(フレーム)が収録されているのであれば、30fpsまたは30f/sという数値になります。
フレームレートの値による動画の変化

フレームレートの値による動画の変化

フレームレートの値が大きければ大きいほど、動画が滑らかに動き、フレームレートの値が小さければ小さいほど、カクカクとした動きになります。つまり、フレームレートは、動画像の表示の滑らかさを表している値とも言い換えることができます。

以下はフレームレートによる動画の違いを再現したものです。


フレームレートは大きければ大きいほど良いというわけではありません。フレームレートの値が大きい動画は、その中に記録されている画像の枚数が多いことになり、当然データ量も大きくなります。また、人間の目や、それを投影するディスプレイ側の限界、媒体側の技術仕様もありますので、適切な値に設定する必要があります。

現在使用されているフレームレートの中で代表的なものとしては、映画の撮影やアニメなどで採用されている24fpsや、日本国内のテレビ放送で使用されている29.97fps、最近の民生カメラなどで主流の59.94fpsなどがあります。その他、主に欧州向けの25fpsなどもあります。

ちなみに、一部中途半端な数字のフレームレートが存在しているのは、テレビ放送が白黒からカラーへ移行するにあたり、技術的な制約があったことに起因しています。実際、放送以外の用途では、30fpsや60fpsなどが多く使われています。

Facebookなど一部のプラットフォームでは、フレームレートの上限が30fpsと決められている場合もありますが、最近は、スマホの動画撮影機能やYouTubeが60fpsに対応するなど、高フレームレート化が進んできています。なお、次世代の放送規格として開発が進められているスーパーハイビジョンは120fpsという更に高い値になっています。

5.フィールドオーダー(描画方式)

動画の描画方式には大きく2種類「プログレッシブ」と「インターレース」があります。

描画方式は、解像度の縦サイズまたは、フレームレート(もしくはフィールド数)とのセットで表記されることが多く、例えば1280×720のプログレッシブは「720p」、1920×1080のインタレースは「1080i」、24fpsのプログレッシブは「24p」、60フィールドのインタレースは「60i」というように表現されます。

動画はたくさんの点の集合体で構成されており、その点を横線の塊(これを走査線といいます)に分け、描画方式にしたがって表示しています。プログレッシグとインターレースではこの走査線の表示方法に違いがあります。

プログレッシブでは、全ての走査線を一気に描画します。一方、インターレースでは、以下のように偶数の走査線、奇数の走査線を互い違いに利用して半分ずつ表示することで、1枚の画像(フレーム)を2回に分けて描画しています(日本のテレビ放送はこの方式を採用しています)。
プログレッシブとインターレースの違い

プログレッシブとインターレースの違い

よって、プログレッシブでは1枚の画像の走査線が、インターレースの2倍になるので、動画像がより鮮明になり、インタレースでは、動画像の鮮明さは劣るものの、より少ないデータ量で動画をなめらかに表示することができます。

現状、YouTubeをはじめとしたほとんどの媒体がプログレッシブ形式を推奨しているため、WEB動画においては、基本的にプログレッシブ形式を使用すると覚えておけば問題ないでしょう。

6.ビットレート

ビットレートは、通信回線などでも使われる単位ですが、動画においては、1秒間にどれくらいのビット数で映像データや音声データを表現しているかを示す値のことで、ビットレートの値は◯bps、◯b/sまたは◯bit/sと記載します。

ビットレートの値が大きければ、1秒間に詰め込んでいるデータ量が多いことになりますので、当然映像や音声の質が上がります。一方、ビットレートの値が小さければ、映像や音声の質は下がりますが、動画の容量は小さくなります。

動画の解像度が大きくなると、よりディテールの描画が目立つようになりますので、大きい解像度の動画ではより大きなビットレートが必要になります。

また、ビットレートには大きく2種類、固定ビットレート(CBR)、可変ビットレート(VBR)というものがあります。固定ビットレート(CBR)は、ビットレートを一定にして圧縮する方法、可変ビットレート(VBR)は、ビットレートを可変させて圧縮する方法を指します。

CBRは常に一定のビットレートであるため、予め動画サイズを予測しやすいなどのメリットがありますが、ビットレートを多く必要とするシーンでビットレートが足りなかったり、ビットレートがあまり必要ないシーンで、多くのビットレートを使ってしまうといったデメリットがあります。一方VBRは、シーンに応じてビットレートを調整するため、ファイルサイズあたりの画質を高めることができますが、ファイルサイズを予測できないなどのデメリットがあります。なお、YouTubeでは可変ビットレート(VBR)が推奨されています。
VBRとCBRのイメージ

VBRとCBRのイメージ

媒体側で解像度やコーデック、フレームレートが指定されている場合には、主にこのビットレートで容量調整を行います。

以下はビットレートによる動画の違いを再現したものです。ビットレートが小さい場合は、ブロックノイズが出てきてしまいます。
※フレームレートや解像度によってデータ量が異なってきますので、同じ値のビットレートで同じ画質になるとは限りません


また、VBRのエンコーディング(ファイルの圧縮・符号化)の方法では、ファイル内容を解析せずにエンコードする「1パスエンコード」と、エンコードする前にデータを解析したうえで適切なビットレートを割り当ててエンコードする「2パスエンコード」というものがあります。2パスエンコードでは事前に分析を行うため、エンコードにかかる時間が長くなりますが、高画質な動画を生成できます。


各プラットフォームでの推奨形式

ここまでのことを踏まえて、各動画プラットフォームの推奨形式の概要を見ていきましょう。
※記載の内容は、6月1日時点の公式ヘルプ等の内容を元に加筆・修正しています
※最新情報・詳細情報は公式ヘルプを参照してください

1.YouTubeの動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(ハイプロファイル推奨)
<解像度>
3840×2160、1920×1080、1280×720等の16:9の動画
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
プログレッシブ
<フレームレート>
最大60fps
<ビットレート>
可変ビットレート推奨で上限なし、推奨ビットレートは以下
2160p:(標準)35~45Mbps、(高)53~68Mbps
1440p:(標準) 16Mbps、(高)24Mbps
1080p:(標準) 8Mbps、(高)12Mbps
720p:(標準) 5Mbps、(高)7.5Mbps
※(標準):フレームレート(24pfs、25fps、30fps等)の動画
※(高) :フレームレート(48pfs、50fps、60fps等)の動画
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオまたはステレオ + 5.1
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)モノラル:128kbps、ステレオ:384kbps、5.1:512kbps
(サンプルレート)96 khz または 48 khz
<動画の長さ>
上限なし ※TrueViewでは各広告フォーマットにより推奨値が異なります
<ファイルサイズ>
最大128 GB

参考サイト:アップロードする動画の推奨エンコード設定 – YouTubeヘルプ
      YouTube でサポートされているファイル形式 – YouTube ヘルプ

2.Facebookの動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(ハイプロファイル推奨)
<解像度>
1280×720等の16:9の動画、1080×1080等の1:1の動画
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
プログレッシブ
<フレームレート>
最大30fps
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオ
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)128kbps以上
(サンプルレート)44,1khz
<ビットレート>
ビットレート上限なしで、ファイルサイズが1GB以内かつ
2パスエンコードでない場合の推奨は1080p:8Mbps、720p:4Mbps
<動画の長さ>
120分以内
<ファイルサイズ>
最大4GB

参考サイト:動画の再生|Facebook動画広告
      動画が高品質であることを確認するには…|Facebookヘルプセンター

3.Instagramの動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(ハイプロファイル推奨)
<解像度>
1080×1080、1080×1350、1080×566等の1.9:1 ~ 4:5の動画
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
プログレッシブ
<フレームレート>
最大30fps
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオ
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)128kbps以上
(サンプルレート)44,1khz
<ビットレート>
基本的にはビットレート上限なしで、ファイルサイズが1GB以内かつ
2パスエンコードでない場合の推奨は1080p:8Mbps、720p:4Mbps
<動画の長さ>
60秒以内
<ファイルサイズ>
1.75GB以内

参考サイト:Instagramでの動画の再生|Facebook動画広告
      投稿を縦向きまたは横向きにアップロードするにはどうすればよいですか。

4.Twitterの動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(ベース・メイン・ハイ プロファイル)
<解像度>
1280×720、640×360、320×180、640×640等の1:2.39~2.39:1の動画
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
プログレッシブ
<フレームレート>
最大40fps(プロモビデオでは29.97fpsまたは30fpsを推奨)
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオ
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)記載はありませんが128kpbs以上が良いでしょう
(サンプルレート)記載はありませんが44,1khzや48kHzで良いでしょう
<ビットレート>
最大25Mbp(プロモビデオではプロモビデオでは29.97fpsまたは30fpsを推奨)
<動画の長さ>
(通常動画)140秒以内、(プロモビデオ)10分以内
<ファイルサイズ>
(通常動画)512MB以内、(プロモビデオ)1GB未満

参考サイト:Twitterで動画を共有または視聴する|Twitterヘルプセンター
      ビデオ再生キャンペーンを作る

5.Vimeoの動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(ハイプロファイル推奨)
<解像度>
3840×2160、1920×1080、1280×720等の16:9の動画、640×360等の4:3の動画
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
プログレッシブ
<フレームレート>
60fps未満
<ビットレート>
可変ビットレート推奨で上限なし、推奨ビットレートは以下
2160p:30~60Mbps、1080p:10~20Mbps
720p: 5~10Mbps、 SD:2~5 Mbps
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオ
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)128kbps以上
(サンプルレート)44,1khz
<動画尺>
上限なし
<ファイルサイズ>
利用プランにより異なる

参考サイト:Vimeo動画圧縮ガイドライン
      How to encode and export gorgeous videos

6.LINE(VIDEO AD)の動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(メイン・ハイプロファイル推奨)
<解像度>
1280×720等の16:9の動画
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
プログレッシブ
<フレームレート>
最大30fps
<ビットレート>
最大8Mbps
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオ
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)128kbps以上
(サンプルレート)記載はありませんが44,1khzや48kHzで良いでしょう
<動画尺>
(Timeline VIDEO AD)最大60秒(最低5秒以上)、(フリーコインビデオ)最大60秒
<ファイルサイズ>
(Timeline VIDEO AD)最大100MB、(フリーコインビデオ)最大50MB

参考サイト:LINE アドセンター

7.ニコニコ動画の動画形式

<コンテナ>
MP4
<コーデック>
H.264(ベース・メインプロファイル推奨)
<解像度>
1920×1080、1280×720、640×360等の16:9の動画(動画広告では640×360のみ)
<ピクセルアスペクト比>
正方形ピクセル
<フィールドオーダー>
記載はありませんが、プログレッシブが良いでしょう
<フレームレート>
記載はありませんが60fps以下が良いでしょう
<ビットレート>
一般会員は600kbps以下、プレミアム会員は制限なし
推奨形式(動画広告含む)は1Mbps以下
<オーディオ>
(チャンネル)ステレオ
(コーデック)AAC-LC
(ビットレート)記載はありませんが128kpbs以上が良いでしょう
(サンプルレート)44.1kHz または 48kHz
<動画尺>
上限なし
<ファイルサイズ>
(通常動画[一般会員])最大40MB、(通常動画[プレミアム会員])最大100MB
(動画広告)最大20MB

参考サイト:ニコニコ動画に投稿できる動画フォーマット – ニコニコヘルプ
      niconico 広告セールスシート – 株式会社ドワンゴ

上記詳細を一覧にまとめたものは、以下からダウンロードしてください。

推奨動画形式一覧をダウンロード



今後の動画フォーマットの動向

近年の動画体験の急速な発展と歩みを合わせて、動画のフォーマットも更に進化していくと考えられます。

昨今の4K放送や8K放送では、2013年に国際標準化されたH.265フォーマットが使用されていますが、昨年の7月にHEVC Advanceというライセンス管理会社が、ネット上の動画配信においてライセンスコスト(売上の0.5%)を課す計画を発表したことから、インターネットでの動画配信において、その未来は決して明るいとは言えない状態です。

そのような状況を受けて、昨年の9月にはシスコシステムズ、マイクロソフト、グーグル、インテル、Mozilla、Amazon.comなど、がAlliance for Open Mediaという団体を立ち上げ、オープンかつロイヤリティフリーな新たな動画フォーマットの開発を進め、H.265へ対抗する動きを見せています。

動画配信ビジネス行う多くの事業者側が課題にしているのが通信量です。新たな圧縮技術がこの問題を解決する糸口になれば、各社の動画を使った取り組みやユーザー体験もより良いものになっていくのではないでしょうか。


終わりに

動画広告などの場合、クリエイティブの入稿スケジュールが事前に決まってしまっているため、直前のトラブルはなるべく避けたいものです。

今回は主要なプラットフォームに限って紹介しましたが、その他のネットやサイネージなどの媒体は個別に入稿規定・推奨形式を定めています。複数のプラットフォームに出稿する際は、入稿時にトラブルがないよう、各媒体の入稿規定を事前に確認しておきましょう。

既に手元にある動画がどのような仕様で作られているかを確認したいような場合は、フリーで使用できるMediaInfoや、以前のご紹介した真空波動研SuperLiteなどが便利です。

MediaInfo|窓の杜
真空波動研SuperLite|窓の杜



動画制作・動画マーケティングは「スマービー」

記事をシェアする

著者について

TAKAJUN

Smarveeディレクター。 動画TIPS・ハウツー情報を中心に投稿。 犬が好き。