現役大学生に聞いた!動画アプリ使用動向(前編)「Snapchat、SNOW、egg…大学生がよく使うのは◯◯!?」

0
LINEで送る
Pocket

「盛る」といえば、写真の世界だけだったのも遠い昔。今は、動画でも盛る時代。

Snapchatを皮切りに、今年はセルフィー合成フィルターアプリが日本でもかなり盛り上がっています。自身のSNS上のタイムラインで、顔交換や犬のフィルターをかけた自撮りなどを目にしたかたも多いのではないでしょうか。SNSへ投稿する写真の編集や加工の文化は、動画へと飛び火し、様々なアプリがしのぎを削り、今新たな局面を迎えています。

また、AmazonやNetflix、Huluなどのストリーミングコンテンツの充実や、AbemaTVやC CHANNELなど新しいメディアの台頭により、動画コンテンツのスマホ視聴が人々のライフスタイルへ大きな影響を与えはじめています。

そこで今回は、トレンドに敏感な大学生を対象に、動画関連のアプリについてのアンケートを行い、「編集・加工」、「シェア・共有」、「視聴」の3つのカットで使用動向を調査しました。

調査対象:都内の大学に通う大学生100名
調査期間:2016年7月12~19日
調査方法:インターネット調査

動画編集・加工するときに使うアプリについて

まずは、動画を編集・加工するときに使うアプリから見ていきましょう。

動画編集・加工アプリについて

Q1.動画を編集・加工するときに使うアプリは?(MA)

(n=39)


Q2.動画を編集・加工するときに最もよく使うアプリは?


    (n=39)


    動画を編集・加工したことがあると答えた人は全体の39%と半数を切りました。

    動画にも対応した人気の写真加工アプリと、セルフィー合成フィルター機能を搭載した新興系アプリが上位を占める結果となりました。

    FilmStoryやSlideStory、FlipagramやVivaVideoなど本格派の編集アプリに比べ、主に加工などの「ライトユース」のアプリがよく使われているようです。

    アプリを選んだ理由としては、「使いやすい」「効果や機能が充実している」「楽しめる」「かわいい・盛れる」の4つが上位を占めていました。

    以下、それぞれのアプリを選んだ理由を一部ご紹介いたします。

    A さん
    SNOWは楽しむ分にはいいけど、盛れすぎで好きじゃない。
    加工で1番いいのはCamera360。
    B さん
    SNOW。友だちと一緒に盛り上がれる。
    C さん
    LINE CAMERAは、使いやすくて機能や効果が充実している。
    D さん
    わりと簡単に綺麗な加工ができるからB612をよく使う。
    起動とか動作とかが早いのもいい。

    利用シーンとしては、友達の誕生日が最も多く、他には旅行やイベントなど特別な思い出があるとき、インスタなどのSNSで友達にシェアしたいときに使うという回答が多く見られました。


    友達や知り合いに動画をシェア・共有するときに使うアプリについて

    次に、動画をシェア・共有するときに使うアプリから見ていきましょう。

    動画をシェア・共有するときに使うアプリについて

    Q3.作成した動画を友達や知り合いに共有するときに使うアプリは?(MA)

    (n=34)


    Q4.作成した動画を友達や知り合いに共有するときに最もよく使うアプリは?


      (n=34)


      ここでは、予想通りLINEが他を圧倒。
      Twitterやインスタの鍵付きアカウントで友達と写真を共有する人も多いようです。


      動画を不特定多数の人へ公開・発信するときに使うアプリについて

      続いて、不特定多数に動画をシェア・共有するときに使うアプリを見ていきます。

      動画を不特定多数の人へ公開・発信するときに使うアプリについて

      Q5.作成した動画を不特定多数の人へ公開・発信するときに使うアプリは?(MA)

      (n=17)


      Q6.作成した動画を不特定多数の人へ公開・発信するときに最もよく使うアプリは?


        (n=17)


        さきほどのインスタやTwitterで友達用のアカウント(鍵付きアカウント)とは別にアカウントを作って、巧みに使い分けている人もいるようです。

        少数ですが、FacebookやYouTubeなどで動画を公開するという回答もありました。

        動画をアプリで編集・加工したことがあると回答した人のうち、動画を不特定多数へ公開・発信しないと回答した人は、約56%にのぼりましたが、主な理由としては、
        「プライベートな内容なので公開する必要・意味がない」
        「自分や知り合いの顔や個人情報を公開したくない」
        「誹謗・中傷がこわい、粘着アカウントに絡まれるのがいや」というものでした。


        隙間時間に動画コンテンツを視聴するときに使うアプリについて

        最後に、隙間時間に動画コンテンツを視聴するときに使うアプリを見てみましょう。

        隙間時間に動画コンテンツを視聴するときに使うアプリについて

        Q7.隙間時間に動画コンテンツを視聴するときに使うアプリは?(MA)

        (n=91)


        Q8.隙間時間に動画コンテンツを視聴するときに最もよく使うアプリは?


          (n=91)


          ここも予想通りYouTubeが他を大幅に引き離す結果となりましたが、ニコニコ動画がこの年代層に対して一定量のシェアを持っているというのも興味深いです。

          AbemaTVは、リリースから半年も経たずに上位に食い込んできており非常に勢いを感じます。

          ツイキャス・LINE LIVEなどのライブ配信アプリや、AmazonやHuluなどの有料コンテンツ配信アプリも複数ランクインする結果になりました。
          特にLINE LIVEは8月から一般開放されており、今後の動向から目が離せません。


          Q9.どのようなタイミングで動画コンテンツを視聴しますか?(MA)



          これらの動画コンテンツを視聴するタイミングとしては、
          帰宅後が約8割と最も多い結果になりました。


          現役大学生の動画アプリの使用状況まとめ

          ・約4割が動画編集・加工の経験あり
          ・写真加工アプリとして従来から人気のアプリや、
           セルフィー合成フィルター機能を搭載したアプリが支持を集める
          ・本格的な編集アプリより、ライトユースの加工系アプリがよく使われている
          ・動画編集・加工アプリを選ぶ理由は、
           「使いやすいか」「効果や機能が充実しているか」「楽しめるか」「かわいいか・盛れるか」
          ・作った動画のシェアは基本LINEで、内容によりTwitter、インスタも使う
          ・動画を編集・加工したことがある人のうち、半数以上が不特定多数への発信はしたことがない
           理由としては、動画がプライベートな内容のものだからという理由が多い
          ・隙間時間に動画コンテンツを見る際に利用するアプリは、YouTubeが1位、次いでニコ動
          ・動画コンテンツ見る隙間時間としては帰宅後就寝前が最も多い

          後編では、現役の女子大学生に座談会形式で話してもらった内容をレポートいたします。


          動画制作・動画マーケティングは「スマービー」

          記事をシェアする

          著者について

          TAKAJUN

          Smarveeディレクター。 動画TIPS・ハウツー情報を中心に投稿。 犬が好き。