TubeMogulがfluctと連携しアウトストリーム型動画広告の配信開始

0
LINEで送る
Pocket

TubeMogulがfluctと連携しアウトストリーム型動画広告の配信開始
オンライン動画広告プラットフォームを提供する米国TubeMogulの日本法人である株式会社チューブモーグル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:近藤 弘忠)は、株式会社VOYAGE GROUP(東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:宇佐美 進典)の連結子会社で、広告配信プラットフォーム事業を展開する株式会社fluct(東京都渋谷区、代表取締役兼CEO:古谷 和幸)とパートナーシップを締結し、SSP「fluct」の提携メディアに対し、アウトストリーム型動画広告の配信を開始いたしました。fluctでは、リッチメディア・動画広告分野への取り組みを強化するため、2016年4月にグループ化した株式会社ゴールドスポットメディア(東京都渋谷区、代表取締役:望月 貴晃)と協力し、両社の持つノウハウやサービスを融合、国内外を問わず動画広告を取り扱うデマンドパートナー各社との提携を進めております。これにより、動画コンテンツを持たない提携メディアも、同社の広告タグを設置するだけで動画広告による収益化を実現すると共に、動画広告市場の拡大を推進していきます。


■fluctについて
fluctは、2008年からメディアの収益化に取り組み、SSP「fluct」のほか、「サイト運営者向けGoogle認定パートナー」として、サイト運営者向けに「Google Adsense」・プレミアムなサイト運営者向けに「Double Click Ad Exchange」なども活用し、9,000以上のメディアの広告収益最大化を行っております。

会社名:株式会社fluct
代表取締役兼CEO:古谷 和幸
所在地:東京都渋谷区神泉町8-16渋谷ファーストプレイス8階
TEL:03-5459-1182       
設立:2008年6月2日
資本金:5,000万円(準備金含む)
株主構成及び所有比率:株式会社VOYAGE GROUP 100%
事業内容:SSPの企画、開発、運営
URL : http://fluct.jp/

■TubeMogul(チューブモーグル) について
TubeMogul (NASDAQ: TUBE)はデジタルブランディングのエンタープライズソフトウェアを提供しています。TubeMogulプラットフォームを利用して操作を単純化することで、広告主はデータの透明性の向上、リアルタイムデータの活用といった動画広告予算のコントロールを大幅に向上させ、ブランド広告の目的を達成できるようにしています。
TubeMogulは2007年にカリフォルニア、エミリービルで創業し、現在はニューヨーク、ロンドン、シンガポール、東京、シドニー、トロント、上海、パリ、メキシコシティ、サンパウロ、キエフ、ワシントンD.Cと世界各地に拠点を展開しています。

会社名 : 株式会社チューブモーグル
代表者 : 代表取締役社長 近藤 弘忠
所在地 : 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング10F EGG JAPAN
事業内容: 動画広告プラットフォーム事業
URL : http://www.tubemogul.com

本件に関するお問い合わせ先
E-mail : sales_japan@tubemogul.com

プレスリリース詳細
TubeMogulがfluctと連携しアウトストリーム型動画広告の配信開始

記事をシェアする

著者について

smarvee

ニュース・プレスリリース等を配信