30秒で分かる!先月の動画関連ニューストピック【2017年12月後半の話題】

0
LINEで送る
Pocket





気になるトピックの詳細は以下のリンクをご覧ください。

1.Googleが画像・動画アプリを3本リリース

AIの急速な進化を見せつけるような画像・動画編集アプリが、Google(グーグル)から3本同時に発表されました。「Storyboard」はビデオから特徴のある面白い瞬間を選び、それをコミック・ブックのようなスタイルに仕上げてしまうというもの。「Selhssimo!」は被写体がポーズを取って止まる度に白黒のスタイリッシュな写真を取ってくれるというもの。最後の「Scrubbies」は動画の早送り、巻き戻しなどを動画のエフェクトとして取り込むためのアプリで、動画編集の巾が大きく広がります。

2.フェイスブックが6秒CM実験、動画広告見直しへ

掲載した動画からの収入が多くないことに、パブリッシャーの不満が強まる中で,米フェイスブックが再び動画広告を見直すことになりました。フェイスブックの動画広告戦略の説明を受けた複数の関係者によると、同社は来年、一部動画の再生前に6秒のコマーシャル(CM)を流す初の実験を行う予定だそうです。

3.クックパッド、料理動画の新サービス『cookpad storeTV』配信開始

2018年1月から、店頭の生鮮売り場に設置したサイネージ端末に、大手食品・飲料メーカーの商品を活用した料理動画広告「cookpad storeTV」が配信を開始。これにより、販売エリアが限定されている商品の広告や、各メーカーにおいて流通チェーンごとに設定されている販売促進費を使った施策など、広告主のニーズに応じて対応することが可能となります。

4.『YouTube VR』をStreamでリリース ハイエンドVRにも対応 

このアプリではVRヘッドセットを使用し、YouTubeの360度動画や2D動画の大画面再生をハイエンドのVRで楽しめるようになります。

その他の主要なニュースは以下となります。

  1. 定額制動画サービス利用者、2年で倍増…1位は「Amazon」
  2. 伸びるツイッターの動画広告市場は23年に3400億円超
  3. アマゾンの新サービス「AmazonTube」YouTuber市場へ参入
  4.  YouTubeのiOS用アプリ 縦型動画への最適化対応をスタート
動画制作・動画マーケティングは「スマービー」

記事をシェアする

著者について

takajun

Smarveeディレクター。 動画TIPS・ハウツー情報を中心に投稿。 犬が好き。