【ついに発売!】iPhone6Sカメラの気になる性能

0
LINEで送る
Pocket

iPhone6sが遂に発売!気になるカメラの性能は?

先日iPhone6s/6s Plusが発売され、全世界の合計販売台数は3日間で過去最高の1300万台を記録しました。そのiPhone6sで今回追加された目玉は、タッチパネルの感圧識別機能の「3Dタッチ」、写真撮影前後の数秒を動画として撮影する「Live Photo」、そして800万画素から1200万画素にアップし、4K映像の撮影が出来るようになった「カメラ」です。フロントカメラも120万画素から500万画素に解像度がアップしています。


iPhoneの4Kビデオでいよいよ4K画質が普及か!?

フルHD動画の4倍の解像度の4KビデオがiPhone6sから撮影可能になりました。解像度が4倍なので細部まで美しい映像が撮影できます。他社メーカーのスマートフォンでは既に4Kビデオが撮影可能なカメラを搭載したモデルが多く、国内で圧倒的なシェアを誇るiPhoneでも撮影できるようになったことで、いよいよ4Kビデオが本格的に普及していくと思われます。


高価な機材はもう不要?iPhone6sのみで撮影した映像作品をご紹介

iPhoneのカメラ機能が高機能化するにつれ、iPhoneのみで撮影をして映像作品を制作するクリエイターが増えてきました。アプリを使用することで、映像への色調補正も簡単にできる為、どの作品もiPhoneのみで撮影した作品とは思えないクオリティとなっています。

YouTubeでは4Kビデオのアップロードに対応している為、iPhone6sで撮影した4Kビデオが早くも公開されています。4Kビデオの本当の美しさは4Kディスプレイではないと味わえませんが、画質設定を4Kに変更してその美しさの片鱗を堪能してください。

iphone6s-camera-review01

1.iPhone6s 4K Sample

iPhone6Sの公式サイト上でサンプル動画として掲載されている4Kビデオです。

<公開が終了したため非表示にしています>

2.iPhone 6s 4K Video Test: Moscow Zoo

モスクワにある動物園の映像です。4K画質で見ると毛並みが細部まで美しく撮影されています。


3.iPhone 6s Plus 4K Cinematic Video

撮影は全てiPhone6s Plusで行われた映像です。ツールを使いパソコンで色調補正を行っているものの、iPhoneだけでこれだけの映像になるという事に驚きです。




高機能化していくiPhoneのカメラ。今後の展望とは

スイスのある報道局では、撮影機材を高価なカメラから全てiPhoneに差し替え、自撮り棒で撮影するということも行われ始めています。

iphone6s-camera-review02
4Kビデオやハイスピード撮影など、高機能化したカメラと小回りの利くモバイルの特性を活かし、今後さらに様々な場面で横断的にiPhoneが撮影機材として選択されるケースが増えてくるかもしれません。

参考:スイスのテレビ局、ニュース映像撮影をiPhone6に全面切り替え!



動画制作・動画マーケティングは「スマービー」

記事をシェアする

著者について

andrew

Smarveeディレクター。アメリカ生まれの帰国子女。ピザが好き。